fc2ブログ
【レポ】 とあるアニメのヲフ会~OVA~

【レポ】 とあるアニメのヲフ会~OVA~

先日のMAC忘年会のちょうど1時間後、
秋田市の「ClubGEL」にて行われた「とあるアニメのオフ会~OVA~」に参加して参りました。

カラオケが終了したのが18:00、こちらのオフの開始時間が19:00とのことだったので、
ROUND1の「なか卯」にて軽めの夕食を摂った後に向かうことにしました。
コンビニなど寄り道をしながらまったり向かい、18:55には到着。
ClubGELは今回で2回目ですが、今回でようやく場所を覚えたので、
次回からはNAVITIMEさんに頼らずに済みそうです(^ω^;)

入り口前では、今回参加予定だったくろねこさんとばったり遭遇。
一緒に入店してみると、入り口近くには黄色いガムテープとサインペンが置かれていました。
なんでも、自分の得意ジャンルをガムテープに書き、それを服に(任意で)貼るのだそうです。
という訳で自分は「ジョジョ」「JOJO」「I've Sound」「仮面ライダーギャレン」等を記入。
(※「GIO GIO」も入れておけば良かったと若干後悔しております)

入場料1000円を払い、中に入ると、既に闇鍋の準備が始まっているようでした。
ちなみに自分はDyDoの「カレーリゾット」を持参。割と常識的な物を持ってきたつもりなのですが、
他の方々が比較的普通に食べられるものを持ってきている中でのコレは、
いささかイレギュラーだった模様。いやいや、カレーは凄いよ。何でも合うよ。
ちなみにもう一つネタ食材を持ってきていたのですが、正直あんまりだったので永久封印しました。

入場後、少しすると下田電磁さんや酩酊さん、先日のカラオケでもご一緒したQ'bicさんの姿も確認。
そしてよくよく考えると、下田さん、くろねこさんとは、つい2日前にも合っているという事実。
県南在住なのに、このところいささか秋田市内に来過ぎな気がします。

場内に設置されたスクリーンでは、学園黙示録の映像がガンガン流れていましたが、
少しして初代ガンダムの映像に切り替わっていました。凄い落差。

ドリンクチケットとパインジュース(※車なのでアルコールはダメ)を引き換え、
まったりと雑談をしながら待っていると、どうやら闇鍋も大体完成した様子でした。
そんなこんなで適当なところに席を取り、乾杯をすることに。



その後は鍋をつつきながらの雑談タイムとなりました。
DJ EOTさんとジョジョトークをしたり、2日前も特撮トークをしたばかりの下田さんと、
またしても熱い特撮トークを繰り広げたりと、グダグダながらも楽しい時間を過ごしました。

闇鍋については、トマトの味がこう、イタリアンな感じが出ていて、めっちゃ濃厚で、
カレーの味もほどよい刺激になってて、かなりいい感じで、とっても美味しかったです。

何故、AD堀君風になったのかは分かりませんが、とにかく闇鍋という肩書きに違和感を覚えるほど、
普通に美味しい鍋になっていたのではないかと思います。スープがとにかく濃厚。
(※その後、マシュマロやらチョコやらカップヌードルやらを投入されて本当に闇化していました)



宴もたけなわなところで、今回のイベントの一つであった、アニメイントロクイズ!の時間に。
最多正解者には豪華賞品ということで、ここは気合が入りました。

自分は「irony」「Cagayake!GIRLS」「林檎もぎれビーム!」「銀河旋風ブライガー」と4問正解し、
同じく4問正解された方々との決勝戦に進出させて頂きました。

「林檎もぎれビーム!」に関しては、常日頃から車内で熱唱していることもあり、
ほぼチート的な速度でしたが、それ以外に関しては低難易度にも程がありますね。
この辺はもうちょっと自重するべきだったと反省。

あと、正解者は曲にまつわるトークを何か一つ、とのことでしたが、
緊張でロクなことを話せませんでした。なんだか申し訳ないです。
やはり「りっちゃんは最高です!」くらいは云っておくべきでしたか。

しかしこれだけI'veファンであることを自称しているのにも関わらず、
川田まみさんの「sence」のイントロを正解できなかったというていたらく。
まみさんの曲であることは分かったにも拘らず、どうしても曲名が出てきませんでした。

後ろの方にいた酩酊さんからも、「なんでTOKISAさん答えないの?」と云った、
視線による無言のプレッシャーをビシビシと感じたのですが、結局答えられずじまい。
これは普通に吊るレベル。そんなだから夢の中でまみさんにドロップキックされるんです(えっ)
ジョジョで例えたら、ディオ様がダイアーさんの稲妻十字空烈刃を普通に喰らっちゃうレベル。
ないね。うん、ない。

ちなみに決勝戦では惜しくも敗退でした。
そんな空気を読んでくれなくてもー、との話もありましたが、
実のところ、アレはガチで分からなかったんです><;

その後はイラストコンテストの結果発表などを挟みつつ、イベントも無事終了。
しかしこの後、せっかくなので1時間ほど普段の「とある」をやってしまおうとの話が。

帰り仕度をしようとしていた自分はすぐさま鞄をキャストオフし、DXギャレンバックルを装着。
軽装モードになり、準備万端です。少ない人数でしたが熱気は既に十分。
会場内では、フィリップルックでDXダブルドライバー(ファングメモリ付き)を装着された、
変身ベルト仲間の方なんかも発見。何かの縁(?)ということで、少しお話させて頂きました。
次回は龍騎のVバックルとか装備して挑んでみたいところです。
(※DJスペース前の全面鏡張りの壁が、とても変身ポーズ取りたくなるんです)

DJタイムは、1時間と言う短い時間でしたが、鉄板曲盛り沢山の激アツなラインナップでした。
個人的には「No buts!」「七転八起☆至上主義」等のI've曲で、二重の意味で飛ばさせて頂きました。
他の曲の時は真ん中ぐらいのスペースでマイペースに楽しんでましたが、
I've Soundが掛かると、もう最前に駆け出さずには入られません。
それがやはりうちのキャラなのだと、今回再認識しました。
あとDJ EOTさんによる「Red fraction」は、完全にうち得でした。ごっつぁんです!

そんなこんなで、熱い1時間は終了。
同じく「No buts!」がツボらしかった方とは、終了後、固い握手を交わさせて頂きました。
名前など聞けず仕舞いでしたが、また次回などご一緒できたらと思っております。

その後は、会場の皆で記念撮影。
せっかくなので(?)ここは「祝福しろ」のジョジョ立ちを決めてみました。

撮影後、「メルト」や「初音ミクの消失」が流れる中、撤収の時間に。
今回会った方々と再び挨拶を交わし、会場を後にすることにしました。
(※この時、時刻は1:30でしたが、酩酊さんは翌日普通に仕事とのことでした。お疲れ様です!)

Q'bicさんとは、帰り際にI'veトークで盛り上がりました。
また今度、会う機会などあったら、I'veについて熱く話せたらなと思っております。

次回の「とある」は年明けの1月9日とのこと。
シフトを見た限り、現時点ではちょうど休みなので、その際も是非参加してみたいなと。
クラブイベント自体、経験が少ない新参者なので、空気読めなかったり見苦しいところなど、
もしかしたら多々あるかもですが、良ければ今後とも宜しくお願いできたらなと思います。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply