fc2ブログ
MELL 2nd Album 「MIRAGE」

MELL 2nd Album 「MIRAGE」



さて明日はMELL様のライブに向けて、いよいよ東京へ出発予定(`・ω・´)
なのですが、肝心のアルバムのレビューをまだ書いていなかったので、今の内に。
アルバムオリジナル曲を中心に、簡単な感想でも書いてみようかなと思います。



01.mirage
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:高瀬一矢/編曲:高瀬一矢

1トラック目から掴みはばっちりの、アルバム表題曲。
独特の個性や世界観が、これでもかというくらい前面に押し出された一曲ですね。
歌詞の過激さではI've随一のMELL様による、深みのある歌詞に加え、
高瀬氏による癖の強いメロディーラインが光ります。
まったくの初見の方に「MELL様の曲ってどんなんなの?」と聞かれたなら、
まず文句なしにこれをオススメしたいほど、MELL様という人の個性を一曲に凝縮した名曲です。



02.KILL
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:高瀬一矢/編曲:高瀬一矢
(映画『KILL』主題歌)



03.Princess bloom
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:森岡賢/編曲:森岡賢

タイトル的に「Princess Bride!」とか「Princess Brave」系統の曲かと、
勝手にwktkしてたんですが、そんなことは全くなかった(※当たり前だ)
1stライブツアーや武道館ライブでも、圧倒的な存在を見せつけた、森岡賢氏による楽曲ですね。
MELL様の曲としては、今までに無い雰囲気で、正に新境地。外部の方による楽曲ではありますが、
決してアウェーな空気にはなっておらず、むしろI've作曲陣を食わんばかりの存在感。
また森岡氏はMELL様が敬愛してやまない方ということもあってか、曲と歌声との一体感も抜群です。



04.Fascination
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:中沢伴行/編曲:中沢伴行・尾崎武士

ライブ受けする楽曲を書かせたらハズレなしの、中沢氏&尾崎氏の黄金コンビによる楽曲ですね。
イントロからテンションアップ間違いなしのアップテンポなナンバーです。
I'veらしさ全開のメロディーラインに加え、英詩のコーラスや、随所のビブラートがとにかく美しく、
全体的に派手な印象ながらも、どこか癒される一曲です。
また歌詞中の、一人称が「あたし」、呼びかけが「貴女」、そして「私達」という部分から見るに、
なんだかどことなく背徳的な感じを覚えないでもない歌でもありますね。



05.FIXER
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:高瀬一矢/編曲:高瀬一矢

イントロ2秒で高瀬氏余裕でしたなキャッチーなサウンド。ダーク曲好きにはたまらないのでは。
今回のオリジナル曲の中でも、I'veらしさは随一の一曲。そして歌詞の凄さも(個人的に)随一。
MELL様が何故「様」を付けて呼ばれているのかを、この曲がほぼ体現しています。
言葉遊び的な要素がふんだんに盛り込まれたダークな一曲です。



06.砂漠の雪
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:C.G mix/編曲:C.G mix



07.Proof
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:高瀬一矢/編曲:高瀬一矢
(アニメ『ハヤテのごとく!』EDテーマ)



08.Teleportation guy
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:森岡賢/編曲:森岡賢

こちらも森岡賢氏による作編曲のオリジナル曲。
ダークなのにどこか明るい?不思議な世界観が癖になる、ダンサブルなナンバー。
I'veにありそうで今までなかったサウンドが本当に新鮮で、聴いていてまったく飽きさせません。
サビの英詞の羅列もとにかく心地良く、一度聴いたら脳内ループ必至です。( ̄ー ̄)ふふっ



09.Love illusion
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:C.G mix/編曲:C.G mix・尾崎武士

C.G mix氏らしさ全開の楽曲。
所々で韻を踏んだ英詞が、C.G mix氏によるリズミカルなサウンドに、さらに華を添えています。
また、この曲はMELL様曰く「砂漠の雪」の続編的曲なのだそうです。砂漠に雪が降ったのですね。
それを踏まえた上で聴くと、また違った感想を抱く1曲ですね。
合わせて聴くと、メロディーラインや全体の構成に、確かにどことなく共通性を感じます。



10.Infection
唄:MELL/作詞:MELL・seven-lon/作曲:井内舞子/編曲:井内舞子
(アニメ『学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE DEAD』挿入歌)

英詞の盛り込まれた楽曲の多い今回のアルバムですが、こちらは全英語詞。
(※厳密に云えば3文字のみ日本語の部分があります)
勢いを強く重視した、言葉というよりも叫びのような文字の羅列が、とにかく強烈な印象を残します。
そんな激しい歌詞を、井内さんによるハードなメロディーがさらに盛り上げます。
しかし井内さんの作風の幅広さと云いますか、楽曲ごとの切り替えは本当に凄まじいですね。
また「Infection」とは「感染」を意味しますが、歌詞をよく見てみると、
この曲は「ゾンビ視点」で書かれているのが分かります。
(※MELL様曰く、これはゾンビの応援歌なのだそうです)



11.RIDEBACK
唄:MELL/作詞:MELL・seven-lon/作曲:井内舞子/編曲:井内舞子
(アニメ『RIDEBACK』OPテーマ)



12.MY PRECIOUS
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:森岡賢/編曲:森岡賢

森岡賢氏による曲はこれで3曲目なのですが、改めて3曲を比較してみると、
どれも同一人物の作曲によるものとは思えないほど、引き出しの広さが見て取れますね。
このアルバムの大半を占めるハードな楽曲とは異なり、一転、静かな楽曲ではありますが、
「Proof」ともまた違った雰囲気を持った曲ですね。およそ600文字ほどの歌詞の中に、
長編の物語のような広がりのある世界観を感じさせる、壮大な一曲です。



13.Red fraction -IO drive_mix-
唄:MELL/作詞:MELL/作曲:高瀬一矢/編曲:高瀬一矢

トリを飾るのは、やはりこの曲。原曲に対して、無駄を一切加えず、かつ足りなかったものを補完。
さらに力強く。さらに鋭く。これぞ正統派リミックスです。
伴奏の重み、声の深みもいっそう強くなり、曲全体のパワーが極限まで進化しています。
「Red fraction」は、そのもので既に完成された楽曲、それに何かを加えるのは蛇足なのでは、
と最初は思っていたのですが、そんなことはまったくありませんでした。
むしろ「GMS remix」などからも鑑みるに、多彩なアレンジによって幾重にもその姿を変えながらも、
本質を失わない、絶対不変の存在感を持った楽曲なのだなと再評価した次第です。云い過ぎた。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply