fc2ブログ
No buts!

No buts!



先日の映画鑑賞のついでにアニメイトにて購入して参りました。
特典として、まみさん柄か禁書柄に差し替えできるリバーシブルジャケットが付いてきました。
やはりI'veのCDはアニメイトかもしくはTSUTAYAで買うに限りますね!

※「ポスター付!」とシールの貼られた「MIRAGE」を見掛け、
 Amazonで購入した自分は普通に泣いた。



01.No buts!
唄:川田まみ/作詞:川田まみ/作曲:中沢伴行/編曲:中沢伴行・尾崎武士

アニソンらしいとっつきやすさ、と云ったものを良い意味で除外し、
アニメタイアップの曲としては久々に「I've Soundらしさ」が前面に押し出された1曲。
反面、歌詞は「PSI-missing」や「masterpiece」に比べて禁書らしさが色濃く反映されており、
決して本編のイメージを壊しておらず、むしろ程良いけれん味を感じさせます。
不安感や焦燥感を煽る、暴力的なイントロに加え、クールかつも脳に突き刺さるような鋭い伴奏、
そして畳み掛けるようなドラミングは、正に「No buts!」(つべこべ言うな!)と云わんばかり。
音の暴力とも云える激しい曲調に対し、どこかキュートさを感じさせるまみさんのボイスが、
奇妙なギャップを生み出していています。上条当麻の「その幻想をぶち殺す!」と云った意思を、
音楽として表現するならば、これほど相応しい曲はないでしょう。



02.SATANIC
唄:川田まみ/作詞:川田まみ/作曲:中沢伴行/編曲:中沢伴行・尾崎武士

カップリング曲ということですが、A面曲でも通じるような存在感を持った一曲。
落ち着いたメロディーながらも、底から突き上げるようなベース音が力強さを感じさせます。
重厚で、悲しげな雰囲気を終始感じる曲ではありますが、ほんの少し、優しさも垣間見えます。
「No buts!」と同様に、どこか不安感を煽るような音作りがなされていますが、
「No buts!」がそれを力で打ち消すような楽曲だとするならば、
この「SATANIC」は、それを敢えて包み込むような楽曲。
ところで、歌詞がどことなく一方通行を表現しているような気がするのは自分だけでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply