fc2ブログ

砂漠に雪が降るような奇跡

I've関係の日記が続きますが、何やら11/13(土)に待望のMELL様のライブが開催されるようですね。
チケットの先行予約はどうやら10/7(木)かららしいので、 これは久々に本気を出さなければいけないようです。

ちなみに、11/3(水)の「ANIMAX MUSIX」にも行こうかなという密かな野望もあったのですが、
今回の件で確実に行けなくなりました(※財政的に)
参加される方はうちの分まで楽しんできて下され(;ω;)

MELL様のライブというと、自分は最初のライブ(※MELL FIRST LIVE TOUR 2008 SCOPE)の東京公演に参加したのですが、
今に至るまで、自分が参加したライブの中でもベスト3に入るくらい心に残っているライブです。

(※「ライブとサイリウムと私」の項でも書きましたが)サイリウム禁止というライブではありましたが、
会場の皆はそんなことは意にも介せず、拳一本突き上げ完全燃焼。
終始、尋常ではない盛り上がりを見せたライブでした。

「Virgin's high!」のようなage↑ナンバーの時の盛り上がりは勿論、
「Red fraction」の際には、近くにいたロアナプラに住んでそうな(※失礼)方々が異常なテンションを見せたり、
ゲストの森岡賢御大の存在感が圧倒的過ぎて、途中誰のライブなのか本気で分からなくなったり、
MELL様の自宅にスカイガールズのフィギュアが巨大なダンボールで送られてきたり(ぇー)と、
思い出深いところが色々とあるのですが、このライブでやはり外せないのが、アンコールのさらに後。

ライブ終了後、退場される際のBGMが「美しく生きたい-10 Years anniversary mix-」だったのですが、
ここで、事前になんの打ち合わせもしていない筈なのに、会場全体が「美しく生きたい」を大合唱。
誰かが先導した訳でもなく、ステージの方からそういう指示があった訳でもない、
会場のファンそれぞれから(それも同時に)自然とメロディーが口をついて出たのです。

この辺はライブDVDでもばっちり見られますので、機会があったなら是非。
ちなみに歌が流れ始める瞬間、画面が無音のスローモーションになるというエフェクト付き。
そんな神演出されたら泣くに決まってます馬鹿野郎(´;ω;`)

本当に、セットリストやMC、客層に至るまで、
全てが良い方向に完成されたライブだったのではないかなと、今でも思います。
なので、今回のライブも是非参加したい所存です。ただ問題があるとすればそれは、

10/7は仕事なんだ……_| ̄|○ il||li
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply