fc2ブログ

ガイドボーカルのお話

JOY SOUNDの「BLAZE」(KOTOKO)のガイドボーカルは聴く度に微妙な気分になる件。

いや、本人の歌い方を意識して唄うというのはとても良いことだとは思うんですが、
いくらなんでも唄い出しそこまでフワフワしてねえから!(`Д´)

「ハヤテのごとく!」や「七転八起☆至上主義」のガイドボーカルなんかは、それほどKOTOKOさん意識してないというか、むしろYUKIさんっぽく感じるんですが、「BLAZE」だけ妙に原曲に近い唄い方なのがもう気になって気になって。だが何度も聴いてしまう。たまらん。

あ、違和感と云えば「もってけ!セーラーふく」ガイドボーカルも割と無茶っぽいなとか。
しかし「もってけ~」に関しては、アニソンのカバーアレンジCDやなんかで、今まで食べたパンの数くらい様々なアレンジを聴いてきたものですが、やはりどれも違和感を覚えたものでした。
まあ、カバーアレンジ自体、違和感というものからは切っても切れない関係だとは思うんですが、「もってけ~」に関しては特にそれが顕著であるように感じます。
思いのほか、完成されたバランスの元に成り立ってる楽曲なんだなと再認識したり。

あとJOYは「¥¥(ゼニゼニ)アルバイト」の部分に「えんえんあるばいと」とルビを振っているのが、非常に気になったのですがその辺は既に直っているんでしょうか。
ついでに云えば「勇者王誕生!-完璧絶叫ヴァージョン-」で「風道弾」に、「ふうどうだん」と云うありえないルビを振っていたのは直ったのかなーと思い先月唄ってみたらやっぱり直ってなかった(´・ω・`)

しかし「メルト」の前奏から黄文字の「NaNaNa...」の表記が速攻で消えたのは何故なのか。
「ワンダーラスト」の「わけなくてくれなくてもいい」の誤植はいつ直るのか。
「ケロ9Destiny」で「ファンネル」や「ガンキャノン」のくだりはばっちり表記するのに、「ケフィア」や「中に誰もいませんよ」のくだりをカットしたのは何故なのだろうか。
「Rumbling hearts」を、何故かオリジナルVer.ではなくゲームVer.で平然と配信している、時々無駄に空気の読めるJOY SOUNDには今後も期待したいです。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply